スポーツライターにっき
まちがっていることもあるかもしれませんがスポーツについて書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【陸上】箱根駅伝
今朝のフジテレビのとくダネ!のオープニングで、箱根駅伝の東洋大学の脅威の記録と駅伝から先がない、つまり箱根駅伝で活躍した選手がその後オリンピックで活躍できる選手になっていないという主旨の発言を司会の小倉氏がおこなっていた。
原因として若いうちからロードをやっていると膝が壊れるというような話だったと思う。
駅伝偏重の日本の長距離陸上界に対する批判は的を得ている。

ここでも今までも書いているように、駅伝偏重がマラソンの強化につながっていないということは現実としてあるわけで、ただ、駅伝、特に箱根駅伝と実業団駅伝だけに原因があるわけではないものの、やはり昔からのマラソンファンからすると残念な気がするというのが率直な意見だ。

もっとも、フジテレビというメディア上で語ることで、日テレや実業団駅伝のTBSといった他局のコンテンツへのやっかみと捉えられる可能性もなくはないが、小倉氏は別にフジテレビの株主でもないし経営陣でもないわけで、それは穿った見方だろう。

ロードを走りすぎて膝が、、というのは100%的確かどうかはわからない。
もちろん箱根駅伝で言えば6区の山下りのような激しく膝にダメージのくるような区間もあるとはいえ、走りこみをしすぎ、あるいはロードのやりすぎ、あるいは20キロ前後で駆け引きもスタミナももつようなかたちが身についてしまっているのかもしれない。

しかし、それ以上に、やはり箱根駅伝を目指すというのは目標として当然個人の目標もあるとはいえ、やはり大学、あるいは陸上部での自分という立場が世界を目指すマラソンとなると何をしていいのかわからないような感覚があるのではないかと思うのだ。

よく駅伝ではタスキを繋ぐという言葉が多く出るというのは、それはメディアが言うだけではなく実際に選手間にも重く存在している。
つまり、駅伝は(箱根に限った話ではないが)一人で走っていても団体で走っているようなもので、それは駅伝という性格上当然といえば当然なのだが、学生時代(高校も大学も)に依存すると、さあ1人で世界を目指そうとなるとなかなかモチベーションをどう持って行っていいのかわからないということもあるのかもしれない。

もちろんコーチをはじめスタッフなどのサポートもあるわけで1人ではないのは事実だろう。
しかし、そういうものではない、団体競技としての何か。
これは大きいわけだ。
そもそもこれだけマラソン、長距離で世界と戦ってきたノウハウがどれだけスタッフ側にもあるのかということもあるのだ。
スタッフ側のノウハウが結果的に駅伝主体の方式から抜けられていないということがあるのではないか。
宗兄弟や瀬古、中山、森下あたりの時代からはマラソン自体変わってきているし、そこをキャッチアップしつつ、世界で戦えるということを考えるには、むしろ日本は逆に恵まれすぎているということもあるのかもしれない。
日本では箱根駅伝は学生ではあるが、それだけ人気が高いと、学生というプロではない人たちに影響がないわけではない。負担が学生にいっているというのは事実だろう。

そういえば今はそうでもないが6大学ラグビーも人気が高かったし、あいもかわらず高校野球も人気が高い。
こういったものに対する日本人のメンタリティはある意味、純なものが必死でやるということに、例えば肩や肘がおかしくなっても高校野球のピッチャーを酷使させる(最近はそういう傾向もなくなってきてはいるが)ということもあるわけだ。

日本の国内でそこそこ人気がある競技で世界では戦えていない競技。
それはそれであってもいいだろう。
しかし学生に負担を強いて なおかつオリンピックというのはどうなのだろうか。
どこかに歪が出る。
その歪はなんだろう、学生という当事者のその後の人生に影響をすると思う。




スポンサーサイト

テーマ:駅伝 - ジャンル:スポーツ

copyright © 2017 スポーツライターにっき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。